地下鉄西田辺駅から徒歩5分!

このマークの看板が目印の歯医者です。

車でも安心!駐車場Pあります!

西田辺の歯科、永山歯科医院の地図

詳しいアクセスを見る

診療費用についてのご案内

永山歯科の診療時間表

直前のご予約もお気軽にお問い合わせ下さい。

永山歯科医院 06-6696-1118

審美歯科・矯正歯科

審美歯科

審美歯科イメージ

虫歯や怪我などで歯が欠けたり、詰め物や被せ物が外れてしまった場合にはその欠けたり外れた部分を補ってあげる必要があります。それを補綴治療と言いますが、歯の一部が欠けた場合にはインレーという詰め物、被せないといけない場合にはクラウン(冠)という被せ物を使用します。

これらの治療はもちろん保険適用のものもあります。保険適応の場合は一般的に厚生労働省から使用材料の指定があります。

この場合は欠けた部分の大きさや、場所にもよりますがいわゆる"銀の詰め物"や"銀歯"また"レジン"と呼ばれる白い樹脂(経年とともに変色)や前歯などでは前装冠(白い樹脂を金属の被せに張り付けたもの)などがあり保険治療でも白い歯は部位によりますが可能です。

また金額に関しては保険治療の場合は全国一律でありますが、金属の価格の変動や保険点数の改定により若干変動することがあります。

保険外いわゆる自費治療の場合は使用材料の規定がありませんので、各医院によって金額は異なります。

保険外のものにはセラミック(焼き物)、ゴールド、ハイブリッドセラミック(セラミックと樹脂中間的なもの)でできた詰め物や被せ、チタンやコバルトを使用した特殊な入れ歯(金属の金具あり)やバルブラスト(金属のない入れ歯)などがあり、良さとしては、セラミックは変色しにくくより天然の歯の色調に似ている。ゴールドは展性、延性があり二次的な虫歯になりにくいなどがあります。

また審美歯科というと一般的には"白い詰め物"や"白い被せ"といった見た目の美しさがイメージとして浮かびやすいと思いますが、セラミックには見た目の美しさだけでなく、金属アレルギーを予防するための治療法の1つとして近年注目されています。

一概にお口の中の金属がすべての原因ではありませんが、"湿疹"や"かぶれ"、"身体がかゆい"などといった不快症状がお口の中の金属が原因で起こっていることも報告されています。

お口の中で使用している金属が唾液によりイオン化することによって身体の中でアレルギー反応を起こすとされています。

国の指定を受けている金属にはイオン化しやすいZn(亜鉛)、Cu(銅)、Ag(銀)などやアレルギー反応を起こしやすいといわれているHg(水銀)、Pd(パラジウム)、Sn(錫)、Cr(クロム)、Ni(ニッケル)なども含まれております。

もし原因不明の不快症状がありお口の中に金属の詰め物や、被せが入っている場合には1度皮膚科にてどの金属にアレルギー反応が出るか金属試薬を使用し、パッチテストを受けていただき、もし反応があり原因が特定できればお口の中の金属を除去しセラミック治療を行います。

ページトップヘ

矯正歯科

矯正治療とは大きく分けて子供の時から行う骨格的な治療をメインとしたⅠ期治療と、ある程度骨格の成長が終了した方対する決められた骨格の中で歯を並べていくⅡ期治療(皆さんが想像される金具とワイヤーを付けての矯正です)とがあります。
子供のときから始めるⅠ期治療というのは、顎の成長発育を利用しながら行うという点でⅡ期治療とは大きく異なります。

噛み合わせによっては、上顎や下顎の成長が抑制されたり、またその逆に必要以上に成長させて将来的に骨格的な不正が生じる場合もあるので、子供の時からの噛み合わせの改善や顎の成長のコントロールを行うことは大切なことです。

また、口呼吸や異常嚥下癖、舌突出癖などの癖がある場合、鼻からの呼吸や正しい嚥下の仕方や正しい舌の動きを練習し身につけることで、歯列不正や歯列不正の悪化をある程度防ぐことができると言われています。

成人になって確立された癖をなおすことは難しく、本人の協力がかなり重要となりますが、子供のうちに正しい呼吸、嚥下、舌の動きを身につけることをおすすめします。

Ⅰ期、Ⅱ期治療を通して 歯並びを改善することは、よく噛めるようになるだけではなく、並びがきれいなのでより歯磨きなどのケアがしやすくなり、虫歯や歯周病から歯やあごの骨を守りやすくしますし魅力的な笑顔を得るための手助けになるのでは、と思います。

患者さんは何らかのトラブルがお口の中にあったり、今まで通院されている医院に何らかの不満があり当医院に来院してくださっているのですが、10人いれば10人のお口がありまた10人それぞれの食生活やライフスタイルがあります。

当医院では小さなお子さんからお年寄りの方まで1人1人の患者さんに合わせて治療計画を考え、患者さんに提案させて頂いております。

その中で、できるだけ患者さんの立場に立って治療に当たれるように、また自分だったらこんなことを知りたい、してほしいと思うことを常に考えお話しさせてもらってます。

ですから疑問に思うことは些細なことでも遠慮されずに聞いてください。話すことの中にはレントゲン写真などの資料よりはるかに多くの情報があります。

少しでも皆さんの手助けができ、「食事が楽しく」「会話が楽しく」なれば幸いです。

ページトップヘ