地下鉄西田辺駅から徒歩5分!

このマークの看板が目印の歯医者です。

車でも安心!駐車場Pあります!

西田辺の歯科、永山歯科医院の地図

詳しいアクセスを見る

診療費用についてのご案内

永山歯科の診療時間表

直前のご予約もお気軽にお問い合わせ下さい。

永山歯科医院 06-6696-1118

インプラント

インプラント

インプラントイメージ

はじめに、インプラントは非常に優れた物ですが、一番はご自身の歯です。ご自身の歯に勝るものはありません。患者さんのお口の中の状態によっては他の方法(入れ歯やブリッジ)が一番良い方法であることも良くあります。治療方法をしっかりと聞き、その中で一番良い方法を選んでください。歯を失ってしまうと何らかの方法で補ってあげる必要があります。

というのも放置しておくと時間の経過とともに両隣の歯が傾斜してきたり、反対側の歯が伸びてきたりと良い事が一つも無いからです。
そんな失った所を補う方法には、一般的に三つの方法があります。

ブリッジ(両隣の歯を削って被せる)、入れ歯(歯は削らないが、固定式でなく取り外し式で金具がある)、インプラント(人工歯根を骨の中に埋め込む)の三通りです。どの治療も一長一短があります。

各治療方法の利点と欠点

1. ブリッジ(保険適用、保険外の両方あります)
前後の歯を削って冠を被せる方法です。

良い点:
食べやすく、取り外しのわずらわしさがない。
悪い点:
ポンティック(ニセ物の歯)の所が磨きにくく、両隣の歯を削らないといけない。

2. 入れ歯

良い点:
基本的には、残っている歯を削らずに作れる。(噛み合わせが深く、金具のスペースがない場合には、歯を削らないといけない事があります。)
清潔にしやすい。(取り外しできるので、しっかり掃除できます。)
悪い点:
食事がしにくい。(ご自身の歯と比べると、3~4割程の咀嚼力といわれています。)
金具をかけないといけない。
違和感が大きい。

3. インプラント

良い点:
ご自身の歯とほぼ同じ様に噛める。
両隣の歯を削ったり、金具をかけたりしなくてよい。
悪い点:
保険が利かない。
手術が必要になる。
骨の状態により出来ない事もある。

と大きく分けて三通りの治療方法があります。お口の中の状態は一人一人違うので担当医としっかり相談してご自身の一番良い方法で治療を受けられるようにして下さい。

インプラントの治療の流れ

STEP1. カウンセリング
もちろん、インプラント治療の方法について説明しますが、他の治療方法についても詳しく説明させて頂き、患者さんの一番良い治療方法について一緒に検討します。
どんな些細な事でもお気軽にご相談下さい。

STEP2. 診査・診断(STEP1でインプラントについて、もう少し詳しく出来るかどうか知りたい方)
当医院では、インプラント治療の前には必ず医科用CTにて、診査、診断させて頂いております。一般の歯科のレントゲンでは分からない事が多いので、CT撮影により事前に、骨の厚み、幅、硬さ、神経との距離などを具体的に数値として把握して、それを元に患者様ともう一度カウンセリングを行います。

STEP3. 手術
事前の診査、診断にて問題のない方にインプラントの手術をさせてもらいますが、大きく分けて二通りの手術方法があります。
これは、STEP2で検査したデータをもとに、一回の手術で終わる方法と二回の手術が必要となる方法に分かれます。
(前歯の場合は歯の傾斜から2回法をとる事が多いです。)

STEP3-a. 一回法の手術
局所麻酔をさせていただき、顎の骨に専用の道具を使用し、穴を開けて、そこにインプラント体を埋め込みます。
手術は、手術前の口腔内のクリーニングを含め、1時間前後を予定しています。(本数により時間は変わります)
一回法の場合は次はSTEP6まで飛びます。

STEP3-b. 二回法の手術
上顎の前歯など歯が傾斜している所にインプラントを一回法で埋入すると、骨のある方向にもよりますが、非常に出っ歯になりやすいので、まず骨の中に埋め込んだインプラントに土台(歯を被せるところ)が一塊になっていますが、二回法の場合は、埋め込む部分(フィクスチャー)と歯を被せる部分(アバットメント)が別々になっています、なので、埋め込んだ後には歯茎から何も見えません。

STEP4. 治療期間
骨とインプラント体がくっつくのに一回法なら1ヶ月~2ヶ月、二回法なら2ヶ月~4ヶ月様子を見ます。その間一回法に関しては、術後3~4週間仮歯を入れます。
二回法は、仮歯を入れる土台(アバットメント)が無いので、場合により入れ歯を使用していただきます。

STEP5. 二次手術

一回目のフィクスチャーを埋め込む手術から2~4ヶ月経過してから骨とのくっつき、傷の治りをみて二次手術を行います。
局所麻酔をして、歯肉を剥離し、埋め込んだインプラントの頭の部分を出し、土台(アバツトメント)を装着します。
時間は30分程です。(本数によります)

STEP6. 型どり、装置
手術後の歯肉がきれいに治ったら、一般の冠と同じような方法で冠の型どりをし、出来上がった冠を仮のセメントで1週間ほど使用していただき、不具合などがなければ最終のセメントで合着します。

STEP7. メンテナンス
インプラントは金属なので虫歯にはなりませんが、細菌感染には弱いので、インプラントを長持ちさせる為にも定期的なメンテナンスが必要となります。入れたら終わりではなく、入れてからもご自身の歯と同様、メンテナンスが必要です。

ページトップヘ