地下鉄西田辺駅から徒歩5分!

このマークの看板が目印の歯医者です。

車でも安心!駐車場Pあります!

西田辺の歯科、永山歯科医院の地図

詳しいアクセスを見る

診療費用についてのご案内

永山歯科の診療時間表

直前のご予約もお気軽にお問い合わせ下さい。

永山歯科医院 06-6696-1118

一般歯科・口腔外科

一般歯科

いわゆる虫歯の治療や入れ歯を作ったりします。

虫歯は自然治癒がない疾患ですが、必ず治療を受けていただきたいものと経過観察していくものとがあります。

歯に穴が開いてしまうと穴は自然にふさがらないので大きさに応じた治療をし詰め物や被せ物で補います。

穴が開いてない表面の虫歯は正しい歯磨きの仕方の指導やフッ素塗布をさせていただくことにことにより削らずに経過観察していくことが可能です。

虫歯を作ってしまうと大きくなる前にできるだけ早く小さなうちに治療した方が良いのはもちろんのことなのですが、1番良いのは虫歯を作らず治療せずに済むことです。

"できるだけ削らない、抜かない"をモットーに診療しておりますが、穴が開いてしまった場合は早めの治療をお勧めします。

"削られて初めて"、"抜かれて初めて"、"入れ歯になって初めて"自分の歯の大切さが分かった、と言う声をよく耳にします。

失って初めて大切さに気付くことも大事ですが、失う前に大事にしていただけたらより良いのでは,と思います。実際ご高齢の方で歯の沢山残っておられる方の方が、歯のない方と比べて痴呆になりにくいというデータもあるくらいです。

10年後も今と同じ食生活が送れるよう定期的な検診をお勧めします。 "歯医者に行って削られた、抜かれた"というのから"削らない、抜かないために歯医者に行く"と言ってもらえる医院を目指します。

ページトップヘ

口腔外科

口腔外科分野において一般開業医で取り扱うのが1番多いのが親不知(おやしらず)の抜歯処置になります。その他には、お口の中にできたできものの切除、顎関節脱臼(顎が外れること)の整復、スポーツなどによる外傷の治療などがあります。

ここでは少し親不知について書かせて頂きます。

なぜ親不知は抜歯処置させていただくことが多いかと言いますと、現代人のあごの大きさは小さく親不知がきれいに生えるスペースがなく親不知は斜めに生えたり、埋まっていたりすることが多いです。斜めに生えることによって、歯茎(はぐき)や頬の粘膜を噛んでしまったり、噛み合わせが悪くなり顎関節や顎の筋肉に負担をかけたり、手前の歯(前から数えて7番目)との間に食べかすが溜まり虫歯を作ってしまうからです。

どのような親不知でも抜歯いたしますが、正常に生えてきちんと噛んでいるものや、今後正常に生える可能性のあるものは、抜歯をする必要はありません。

また"歯を抜く"というと皆さんは意外に簡単で後は痛みや腫れなどもないと思われている方も多いですが、骨の下まで虫歯になってしまった歯、骨と癒着している歯、根っこが肥大していたり釣り針の返しのようになっている歯や完全に骨の中に埋まっている親不知などの抜歯処置はかなりの熟練を要します。まれに痛まないこともありますが、骨の中から歯を抜くので殆んどの場合1週間ほどは処置後腫れや痛みは出ます。ただしこれらは時間とともに治ります。

簡単に抜歯処置できるものもありますが、特に下顎の親不知は骨の中にある知覚神経や血管に近接しており、抜歯した後に唇や顔面皮膚の知覚異常や抜歯した部位からの大量出血の可能性がありますので抜歯に際しては充分の説明を受けて同意されてから抜歯処置を受けられることをお勧めします。

ページトップヘ